• 「油川フランス語・英語教室」開講中

ふつごぽんツイートのまとめ(2020年1月20日~26日)

頭文字をつないだ略号(sigle)のうち、定冠詞が母音字で始まる略号につく場合はリエゾンするけど(l'OMS)、子音字で始まる略号は、その子音字の読み方が母音で始まる場合でもリエゾンしないわよ …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2020年1月13日~19日)

【私が好きな仏単語】Ornithorynque「カモノハシ」(n. m.)>Ornitho-は「鳥」を意味する要素(ornithologieは「鳥類学」)で、-rynqueは「くちばし」を意味する。よ …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2020年1月6日~12日)

英語の語彙の3分の2はフランス語から来ているとも云われるので、20世紀初頭の有名政治家ジョルジュ・クレマンソーは「英語なんてフランス語の発音を悪くした言語でしかないよ」と云ったそうよ。今や英語が得意な …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年12月30日~2020年1月5日)

Dauphinは「イルカ」以外にフランス国王の長子を意味するけど、より一般的に「後継者、二番手」を意味することがあるわね。女性名詞のdauphineは「王太子妃」などの辞書に載っている意味以外に、ミス …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年12月23日~29日)

東西南北の方角は本来の方角を示すときには頭文字が小文字で、地理的な地方や地域を示す場合には大文字になるのが普通よ。よってLe vent souffle du nordは「北から風が吹く」で、Je vi …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年12月16日~22日)

フランス史上初のアフリカ系の将軍は現在のハイチ生まれのムラート、トマ・アレクサンドル・デュマ(1762-1806)と呼ばれる人で、フランス革命期の1793年、31歳のときに将軍になったのよ。この人の息 …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年12月9日~15日)

フランス語ではマッターホルンをle Cervinというわよ。Matterhornはドイツ語名だけど、イタリア語ではMonte Cervinoです。でもJungfrauやEigerについてはフランス語名 …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年12月2日~8日)

1981年のシャグランダムールのヒット曲の題名はChacun fait (c'qui lui plaît)だけど、「自分の気に入ることをする」のではなくて「したいことをする」のだろうから、ce …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年11月25日~12月1日)

ピーナッツを意味する仏単語のつづりにはcacahuète、cacahouète、cacahouetteなどがあるけど、最初のものをいちばんよく目にするわね。いずれも発音は[kakawɛt]だけど、ca …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2019年11月18日~24日)

南仏の町ニーム(Nîmes)とフォンテーヌブロー近くの町ヌムール(Nemours)は同じ語源をもっているそうよ。両方ともガリアの泉の神Nemausosから来ているけど、ニームはガリア語アクセント(第1 …

続きを読む