• テスト運営中

ふつごぽんツイートのまとめ(2018年4月9日~15日)

複数形と動詞の活用形以外の語末のXはKSと発音されるのが普通だけど、crucifix(十字架像)、perdrix(ヤマウズラ類の鳥)、prix(値段)、flux(上げ潮)、reflux(引き潮)などの …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年4月2日~8日)

Rire jauneは文字通りには「黄色い笑い」だけど、困惑したときに無理に浮かべたひきつった笑いのことを意味するわよ。顔が黄色い肝炎患者はそのような笑いしか浮かべられないことから来ているという説があ …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年3月26日~4月1日)

過去分詞faitは後に不定詞を伴う場合(使役など)に性数が変化しないけど(elle s'est fait voler)、本来の動詞として用いられている場合には普通に性数変化するわよ(l&#39 …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年3月19日~25日)

Homme de neigeは雪男だけど、bonhomme de neigeは雪だるま、abominable homme des neigesはイェティのような怪物の意味よ。ここでde neigeでは …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年3月12日~18日)

チャイコフスキーの『くるみ割り人形』の仏題はCasse-noisetteだけど、noisetteは「はしばみ」のことで、「くるみ」はnoixね。Casse-noix(くるみ割り)という単語もあるわよ。 …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年3月5日~11日)

「(値段が)高い」と「高価な」のような類義語は文脈や場面に応じて使い分けるものだけど、当然フランス語にもこのような使い分けがあるわよ。主観的な「高い」はcherで、客観的な「高価な」はたとえばonér …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年2月26日~3月4日)

「落穂拾い」などで有名な画家Jean-François Milletの名前を日本人は何のためらいもなくミレーというけれど、この読み方はフランス人にとって必ずしも自明のものではないのよ。確かにMille …

続きを読む


2018年フランス音楽ヴィクトワール賞のオリジナル楽曲賞受賞曲、ビッグフロ&オリのDommage

 2018年2月9日に授賞式セレモニーが行われたフランスの音楽ヴィクトワール賞(Les Victoires de la musique)の「今年のオリジナル楽曲賞」は、フランス南西部の大都市トゥールー …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年2月19日~25日)

国の「中央」に対立する概念としての「地方」のことをprovinceというわね。一方南仏のプロヴァンス地方はProvence。共通の語源はラテン語のprovinciaで、Provenceはだいたいカエサ …

続きを読む


ふつごぽんツイートのまとめ(2018年2月12日~18日)

Je ne pense pas qu'il soit intelligentとJe ne pense pas qu'il est intelligentという二つの文で、試験で正しいの …

続きを読む