• 「油川フランス語・英語教室」開講中

新着情報

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年11月28日~12月4日)

母音字Eにつくアクサングラーヴの位置には二種類あるのよ。一つは脱落性のEの直前の綴り上の開音節のEにつく場合で(comète、prophète)、もう一つは語末字Sの直前につく場合ね(près、pro …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年11月21日~27日)

Mixteという形容詞は「混成の」という意味だけど、特に「男女混合の」の意味で使うことが多いわね。共学の学校はécole mixteで、混合ダブルスはdouble mixteです。名詞はmixité( …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年11月14日~20日)

市議会のことはconseil municipalといい、conseilの頭文字が小文字だけれど、Conseil d'État(国務院)やConseil européen(欧州議会)の頭文字は大 …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年11月7日~13日)

フランスのエコロジストの政治家で大学講師でもあるサンドリーヌ・ルソーが動詞の活用を間違ったことが話題になったわ。Nous avions la gorge qui grattions, nous avi …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年10月31日~11月6日)

「フランス風の」のことをà la françaiseというけれど、これはmanièreのような女性名詞が省略されたものだと考えられるわね。他の形容詞の女性形を使うこともできて、たとえばhomard à …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年10月24日~30日)

女性名詞formuleは「書式、定型文、公式」を意味し、男性名詞formulaireの本来の意味は「書式集」だけど、日常においては、特に役所などに用意されている書き込み式の申込用紙について、formu …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年10月17日~23日)

「彼はストラスブール大学の教授である」はIl est professeur à l'université de Strasbourgと云えるけど、名誉教授になったらprofesseur hon …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年10月10日~16日)

列挙の最後に付け加える「などなど」はetc.と書き、フランス語の発音は「エトセトラ」ではなく「エトセテラ」風になるわよ([ɛtseteʀa])。これはラテン語のet cetera(あるいはet cæt …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年10月3日~9日)

伝統的には夫と妻のことをmariとfemmeといい、épouxとépouseは行政や宗教の文脈で使うことになっているけれど、特にfemmeに対する違和感から後者のペアーもよく使われるようになっているわ …

続きを読む

ふつごぽんツイート一週間の全新規投稿(2022年9月26日~10月2日)

英語のefficiency(能率)をフランス語化した単語にefficienceがあり、ここからefficientという形容詞が「能率的な」ひいては「有能な」という意味で使われるようになったけど、アカデ …

続きを読む